スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

野洲市野田水郷ネットの取り組み

 かっての中主町の野田地区(現野洲市)は琵琶湖にほど近く、地域内を家棟川が貫き、魚はごく見慣れた状態で遡上しています。組織名が示すように在所内を水郷が流れていました。今はそれが埋め立てられ、農地や道路に変わりました。耕作面策が150㌶を有し、戸数200戸の大きな集落です。野田水郷ネットの代表河瀬さんは、大規模な耕作面積ゆえに地域内をまとめるのに大変な苦労をしています。
 野田地区は魚道に意欲的に取り組んでいる須原地区の隣で、2011年に水路堰上げ式の魚道を実施、魚の遡上を確認した経験があります。畦畔の法面が崩落したので、1年で取り止め、今後の対応を模索している状況です。試しに、一筆型の水田魚道に取り組んでいただきたい。一枚ずつの田んぼに設置する作業がちまちまとした様に写っていますが、湖辺域の宿命として魚の保護を優先課題としてほしいものです。
 3~4町の大農家が四,五軒あって、魚道や水路の草刈り等の活動に必ず同意を得る様に話し合いしているが、付き合い上、渋々、同意している場合が多いので、次の活動の話がしづらい面があります。従って、調整に時間が掛かっています。
 農業の担い手は比較的継承されていて、耕作放棄地は営農組合が結成していないため、活動組織が引き取り草刈りを実施しています。高齢者の耕作者は頻繁な草刈り作業が困難なため、安易に除草剤に頼り勝ちになり、土の流出が発生しています。グリーンベルトに取り組むべき課題が浮かび上がってきました。
 魚が豊富に生息している地域なので、子供たちを主に魚釣り大会を実施して、水生生物の観察会と外来魚の駆除をしています。「カブトエビ」の生息地で近年の農薬の減少(環境こだわり農業の成果)で個体数が増えてきていることもあり、更なる生きものに配慮した取り組みが求められます。他に、地域内の缶拾いや草刈りの清掃活動と広報に力を入れています。他の団体も協力して、地域住民一丸となって取り組んでいます。
 自治会館内にホタルの保護の目的で飼育用の水槽が置いています。ホタルの復活を意図しての飼育ですが、願わくば水路での自然状態で自然発生的な保護育成を試みていただきたい。いつぞやは、ホタルの乱舞が見られ、夏の思いで深い一コマが再現できますね。
役員の皆さん役員の皆さん
ホタルの飼育 観察の掲示
        ホタルの飼育水槽                    ホタル観察の掲示
 水交換やカワニナの補充など手間が掛かります。カワニナは近くの川に豊富に生息してとのことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakananoyurikago.blog.fc2.com/tb.php/77-4571d0d2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。