FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝堂町コスモス祭を訪問しました

 東近江市勝堂町は鈴鹿を見渡せる盆地に在り、豊かな稲の実りを約束してくれる農地が拡がっています。コスモス祭も今年で5回目を迎え、定着してきました。2種類のコスモスの種を播種するにはコツが要ります。田に播種するので膨大に芽を出そうとする雑草に打ち勝つことが絶対です。疎ら過ぎない様に、かつ密にならない様に種まきをします。種まき担当者は5年の経験と野菜作りにも精通しているプロです。今年は去年より減反して1.3㌶のコスモス園を完成させました。
 当日は生憎の雨で会場を研修センターに変更しました。子供、現役世代、老人と多くの人が集まりました。コスモスの花を愛でるために、刈り取ったコスモスをテント周りに並べました。コスモスの種類とその成育条件等、及び畑の周りの昆虫などの生きものの勉強会をしました。
 余興では餅つきやうどんのサービスをしました。子供や大人にも大人気で3世代の交流が図れたと思います。
 勝堂町の営農組合は世代交代が進んでいます。若い人が年老いた親に代わって当然の如く農業をします。勿論、兼業です。世代交代しても時間的に農業ができない人は営農組合に頼むか、規模を拡大している個人に依頼していますので遊休地は存在しません。
 若い人が集って楽しく農業をやる。少なくとも私には、高価なトラクターやコンバインを操っている姿は、オモチャ感覚の遊びに高じている様にも映ります。これからも末長く農業をやっていく鍵はこの辺にあるのかも知れません。”楽しくわいわいと”。
コスモス園
 二種類のコスモス、雨で訪れる人は疎ら、天気の良い日は写真撮影の人が訪問します。
広さを誇るコスモス園
 ここまで成長させるには栽培に技術を要します。
協議会代表
 中央が代表の福島さん。準備が大変でした。
餅つき
 恒例の餅つき、子供に大人気です。
スポンサーサイト
[ 2012/11/09 15:17 ] 報告 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakananoyurikago.blog.fc2.com/tb.php/68-497d3477








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。