FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

近江八幡市御所内町の取り組み

 鈴鹿を源流とする蛇砂川はこの御所内を通って約4㎞の流れで西の湖へ注ぐ。この川には魚を始め生きものは豊富に生息する。しかし地区内を流れる用排水路にはそれほど生きものは見当たらないという。子供たちと生きもの観察会を実施するが小さな魚で数も少ないという。
 生きものを育む水田づくりの説明会には森代表以下4名の役員にご参集頂きました。今年度から全員交代した新任の人たちですが、取り組みの意欲が高く、議論が尽きません。
 あばれ川の蛇砂川は改修により川底が深く掘り下げられ、田の排水路から大きな落差ができています。大人が川底に降りると上がるのが困難なくらいの高低差があります。この川から階段式の魚道を設置することが可能か。取り付け可能な場所があるか調査して頂きたい。
 と言いますのは、湖辺域から離れた、中間地の比較的水のある地域で、魚の呼び込みができないか候補地を探しています。琵琶湖からの距離を見ても、遡上した魚と地域に棲む魚のゆりかご水田づくりが望めるからです。期待の魚はナマズとドジョウです。
 いずれにしても、蛇砂川に魚道が掛けられることが条件になりそうです。
 その他にグリーンベルトの設置を候補に上げています。芝桜を植えている人がいて、イメージができています。用排水路の法面の土壌流出防止と景観も形成しますので、畦畔が崩れやすい所とか、地域内のここはキレイにしたい、イメージアップの部分を選ぶこともできます。
 水路の水質浄化も俎上に載りました。生活排水も混じっているとのことで実効が生じたら良いですね。
 御所内周辺は度重なる、蛇砂川の改修と道路の拡幅工事などにより生きものが消えてしまった感があります(飽くまで感想です)。生きものを今以上に呼び込んで、子供たちの歓声が聞こえてきそうな盛大な生きもの観察会を実施して下さい。その時は魚の先生を派遣させて頂きます。

御所内の役員の皆さん話がはずむ御所内の役員の皆さん
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakananoyurikago.blog.fc2.com/tb.php/60-abdbf867








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。