FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東近江市大森町の取り組み

 大森町は布引山地の北側に開けた土地で、鈴鹿へ緩やかに伸びる中規模の農地が開けています。他の協議会の農地が隣接していて、あたりはかなり大きな農地を有しています。近くに工場が迫っていますが農地は未だ守られています。
 『布引の郷大森町「自然との共生」を守る会』代表の廣田さんと役員の山田さんにお会いしました。遊休地の作付けに奔走したりと地元の農業活性に熱心に取り組んでおられます。今年から代表を受けられ、これから始動に馬力が掛かるところです。
 当地の用水は愛知川から引水して、地区内は稲作以外の時は水がほぼ無い状態です。ため池は非常時の代替供給用でほとんど使っていない。近年、溜まる水が少なく、回りの森の保水力が弱くなっています。
 旧在所の川のみ年間を通して少量でも水が流れています。毎年、子供たちを交えて生きもの観察会を開催されています。タナゴ、ドジョウ、ホタルが生息しています。
 取り組みの方向性は
  1. 生きもの生息環境向上策の深みの設置、水路魚道を設置して水路の水嵩を増やして地域内の魚を呼び込む。
  2. 水質保全項目の木炭を沈めて水を浄化する。
  3. 土壌流出防止の農道、畦畔の法面に地披植物を植える。
  4. 冬期にため池から引水して、湛水状態にして野鳥の餌場と渇水期の地下水涵養とする。
 の4点をご提案させて頂きます。
 本主旨の豊かな生きものを育む水田づくりをご理解頂き、守る会皆さんの合意の下、推進して頂けますようお願いします。
大森町の役員取り組みの方向性を検討されるお二方
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakananoyurikago.blog.fc2.com/tb.php/56-cf9c0ea0








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。