FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高月町熊野の取り組み

 長浜市高月町熊野の「熊野農村まるごと保全隊」を訪問しました。代表の岩崎さん以下、役員は若い人ばかりで、世代交代がうまく進んでいる地区とお見受けしました。熊野は琵琶湖沿いの、遠くから円錐形のきれいな山容が望める山本山の麓にあります。賤ヶ岳から山本山に連なる低山が、南下する余呉川を遮り、江戸の昔、人は手堀で隧道を切り開き水を琵琶湖に通しました。今、田を潤す水は昔の人たちの苦労の賜です。
 水が豊富、魚も豊富に生息していて、用水にも魚がいるとのこと。用水から田に魚も進入してるでしょう。魚道を設置する最適の場所です。毎年、水路の泥上げを実施されて、琵琶湖への水の浄化に役立っています。ここに、堰上げ式の魚道を設けて頂くと、豊富な水と安息の地を得て、魚の天国になります。
 熊野地区の人は畦畔の土壌流出を食い止めるため、タマリュウを植栽されています。共同活動の中で実施しているのではなく、自主活動です。環境意識が高いのですね。
 近くに野鳥公園などもあり、野鳥の飛来も多いところです。豊富な水を利用して冬期湛水しておくと野鳥の休息の場を提供することができます。
熊野の役員の皆さん夜遅くからの説明会に参加された皆さん

 生きものが沢山賑わっている今、この状況を維持・向上していくために、保護育成の活動をお願いします。
仕事がお有りの中での活動は大変なご苦労がありますが、地域のため、未来の子供たちのためにも取り組みをお願い申し上げます
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakananoyurikago.blog.fc2.com/tb.php/55-c8449aaa








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。