スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

先進の農村まるごと保全対策事例を視察しました

 今日は5年に渡って農村まるごと保全対策を実践されている甲良町尼子の”世代をつなぐ尼子協議会”を訪れました。同行されたのは、まるごと保全対策を実行中の近江八幡市下豊浦地区の人たちと、魚のゆりかご水田プロジェクトを実行中の東近江市伊庭地区の皆さんです。
 視察の観点は3点有ります。
 1.竹炭による川の水質浄化の取り組み
 2.防草シート敷設と草花の植栽による土壌流出防止
 3.生き物の生息環境確保のためのビオトープ設置
 まず、最初に尼子協議会の代表から活動内容をプロジェクターを使って、ご説明頂き、その後現地を見学させて頂きました。
 竹炭による水質浄化竹炭浄化1  
 写真にあるカゴはここ何年ものいろいろと試行錯誤されて、丈夫で長持ちのカゴにたどり着かれました。最初はカゴを自分たちで竹を編んで製作されましたが、六ヶ月でぼろぼろになり、次に金属で作ったが3年で錆びついて駄目になりました。現在のカゴはステンレス製の網と樹脂でできていて、長持ちします。グループの方々の地道な努力のたまものです。竹炭は2年で交換の必要があります。効果として、やはり水質はきれいになっていて小魚が泳ぎまくっていました。現在は大小のカゴが15箇所に設置されています。
 更に、ここ尼子地区は花々があちこちに植栽されていて、安らぎの景観を形成しています。竹炭を沈めている”里川”の豊富な水の流れと、水辺を彩る花が生活の質を高めています。協議会の代表の方は以前から花を植えるのにも力を入れてこられました。
尼子草花水辺に咲くかきつばた(右側)が印象的でした

 次に防草シートを敷設した川の法面へ移動します。
防草シート1防草シート2
花の中心部が薄い紫がかっているため全体に見渡しても薄紫色の様相を呈します。圧巻!!

 防草シートを敷設した後に”ヒメイワダレソウ”が咲いている様子です。緑の回廊計画と銘打ち初年度で1,300㍍を植えられ、その後も毎年拡大されています。ただただ頭が下がる思いです。今までの川のキツイ除草作業から解放され、細かな花の景観に加えて、ホタルの乱舞まで観られようになったということで良いことずくめです。土にしっかり根が張るので法面から土が滑り落ちることはないですね。

 最後にビオトープの場所へ移動しましょう。
ビオトープ1ビオトープ2
 メダカの学校がありました。稚魚が蓮の葉の間を元気よく泳いでいました。トンボも飛んでいましたので、多分ヤゴも生息していると思われます。水質はきれいでした。尼子協議会の人たちが頻繁に清掃されているのでしょう。ここにもカキツバタが植わっていました。ホタルの生息の場もあって、自然発生を待っているのでカワニナを人が増殖するということはしていないということです。ビオトープ用の田は個人の所有です。気持ちよく提供される人がおられるのでこの事業も成り立つのですね。観察会を開き、小学生にメダカを持って帰って貰い飼育しているということです。
 最後になりましたが、尼子協議会の皆様、尼子の各団体の皆様の日頃の活動に感謝致します。今日は尼子地区の絆を感じとる貴重お時間を頂きました。ありがとうございました。
 下豊浦地区の皆様、伊庭の皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2012/06/28 17:07 ] 調査の様子 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakananoyurikago.blog.fc2.com/tb.php/24-e2a6f50a








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。