FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

田舎暮らしフェスタ2011に参加してきました

こんにちは。
今日は、10月23日に滋賀県長浜市で開催された「滋賀県 田舎暮らしフェスタ2011」に参加してきたのでその様子をお伝えしたいと思います。
今回は、「魚のゆりかご水田米」をアピールするために色々と準備しての参加です!

今回、イベントがあった場所なんですが、滋賀県長浜市の木之本というところから約20キロメートルほど山の中に入っていきます。途中から国道の脇に沿うようにして川が流れているのが見えます。この川は「杉野川」と言うそうです。水も景色もとってもきれいな川だったのですが、車窓からの写真撮影がうまくいかず今回は写真がありません。ゴメンナサイ


到着した会場付近の様子です
PA200019.jpg

すぐ近くには清流「杉野川」が流れ、周りは豊かな緑に囲まれた「長浜市立杉野小中学校」

PA200018.jpg

今回はここの体育館がメイン会場です。
朝一番から会場設営

そして我々「滋賀県魚のゆりかご水田プロジェクト推進協議会」の目玉
琵琶湖から水田までの水路(魚道)や環境などを忠実に再現した特製のジオラマの搬入・設置も完了しました
PA200011.jpg

出展ブースの様子です

PA200022.jpg

メインステージでは、県外からの移住・定住者と、それにご尽力くださった関係者様のトークショーなどもおこなわれました。
お話を聞いていると、僕もこんな所に住んでみたいな~って思えてきました(笑)

PA210035.jpg

田舎暮らしということで、色々な古民家の模型なども展示されていました。
外観模型や、内部の様子を忠実に再現したものなど。ほかにも古民家の一部を実際に移築して体験していただくというコーナーなどもありました。

PA210038.jpg


体育館の外には、食のブースなどもあり、清流3地区で採れた新米のおにぎり食べ比べコーナーや、蕎麦の手打ち実演。・試食。ほかにも郷土色豊かな地元の郷土料理などを食べることなどもできました。
ヒノキなどのカンナがけ体験などを行い、最終的に完成したベンチを学校に寄贈したり・・・・
参加者の皆さんもとても楽しそうにしていましたね
ちなみに、今回のご来場者様人数なのですが・・・なんと
驚きの約600名とのこと。みなさんやはり自然や環境などにご関心があるようです。


そして写真は我々のブースに戻り・・・・・
ジオラマは子どもたちに大人気!あっという間に子どもたちが周りを埋め尽くします

ご一緒に来られていたお父さんお母さんも興味しんしんなご様子
PA210029.jpg

あ。あそこに魚がいるよ こっちにはナマズがいる すっげぇ~

PA210030.jpg
ご来場者様に色々とお話も聞けました。

関係者(以後:関)
魚のゆりかご水田ってご存知ですか?


ご来場者(以後:来)
いいえ。初めて聞きました。この模型をみてすごいなぁって思ってたんですよ。


関:ご覧になられてみて、どのようなイメージでしょうか?
来:魚が田んぼに入ってきて産卵や小魚が育つってことは、農薬などの影響がほとんどないきれいな環境なのかなって思いました。

関:そうですね。実際に除草剤なども生物の体にもっとも影響が出にくいものを最小限の使用に抑えたりしてあるのでとても環境に配慮してあるといえますね
来:それだと、この田んぼでとれたお米なども安心して子どもたちに食べさせることができますよね。販売などはしているんですか?
関:はい。このように一定の条件等を満たした環境で取れたお米は「魚のゆりかご水田米」というブランドで販売もしているんですよ!
来:(パンフレットを見ながら) へぇ。知らなかった。こんなお米も売ってるんですね。生きものも安心、人も安心のお米なんてとっても素敵な取り組みですね。ぜひ食べてみたいですね



最後に一枚
メインステージでのPRの様子です。
今回の参加者様たちにわかりやすく丁寧に「魚のゆりかご水田米」について説明をさせていただけることができました。
ありがとうございました!
PA210044.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/10/24 16:29 ] イベント活動・参加 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakananoyurikago.blog.fc2.com/tb.php/18-c34ee175








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。