FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

食と農フォーラム

 食と農フォーラムが3月21日県庁で開催されました。その様子をお伝えします。

1.最初に2月に審査のあった、魚のゆりかご水田米を使った料理コンテストの表彰がありました。
  受賞された皆さんとご応募いただいた多数の皆さん、ありがとうございました。
 「滋賀の食材をたっぷり使って地産地消につながり、皆に愛される」、「色とりどりのお寿司で意外と簡単にできる」等の講評を審査員の先生から頂きました。

受賞風景 受賞式の模様
授与式 最優秀賞(米粉の味噌お好み焼き 湖国の恵み)の授与

2.次に環境ジャーナリスト佐藤由美氏の「食のまちづくり「おいしい地域力」」と題して講演がありました。
  講演の骨子
  1.  食生活の変化で2012年家庭のパンの消費額が米を上回った。(トウモロコシの消費量が米の2倍ある。これは畜産の飼料の消費が多いため)
  2.  食生活の改善の名の下に、日本の農業・環境・健康が破壊された。食料自給率の低下、農地の減少による環境の悪化、景観の破壊、欧米型の食による生活習慣病を招いた。
  3.  学校給食から農を変えようと、米飯給食の普及を啓発している。食育のまちづくり宣言、条例まで整備して米飯給食を導入している、電気炊飯器を使用して炊き立てのご飯を食する。学校の花壇を菜園にして野菜を栽培している。(高知県南国市) 
  4. 地産地消から校区内生産校区内消費を実践(愛媛県今治市)
     野菜の生産者の顔を知った子供たちは食べ残しが無くなった。
    学校用に考案したパン・豆腐・うどんを直売所で販売し、多くの市民が有機農業を実践して、農産物の購入を呼び掛けた。 
  5. 学校給食から食と農のまちづくりを広げようの啓発活動
     生涯食育を掲げ、子供向け、男子向けの厨房を開設、食の地域活動に乗り出す(福井県小浜市)
    給食は校区内生産校区内消費を実践、生産グループが朝市を開設、販売している。学校では郷土料理の伝承するための学習を設けている。主婦主導によるスローフードレストランを開業、人気を得ている。
    佐藤さん 熱弁する佐藤氏
  6.  農産物を販売する方法、利用を図る方法等現金収入に変えるビジネスを考える。
     農家レストラン、直売所、コメ・野菜の加工品の開発(菓子、麺類等の製品、素材など)
  
 目からうろこの貴重な話をありがとうございました。

 その他に、滋賀県から魚のゆりかご水田プロジェクトの話しがあり、
 魚のゆりかご水田の取り組みについて次の人から取り組みについてお話を頂きました。
  • 滋賀県魚のゆりかご水田プロジェクト推進協議会 会長 堀 彰男氏
  • JAおうみ富士 川端 均氏
  • JAグリーン近江 我孫子 雅則氏
 各氏から、魚のゆりかご水田米の栽培、およびコメの販売、加工品の企画販売への取り組みについてお話をいただきました。
 最後に、魚のゆりかご水田米の試食があり、食味評価を赤丸、青丸シールで投票をしました。結果はすべて赤丸(美味しかった)でした。
 ご来場の皆様、ご足労願いましてありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2013/03/25 13:19 ] 報告 | TB(0) | CM(0)

豊かな生きものを育む水田づくり勉強会

 2月28日 《いきものバンザイ》と称して、豊かな生きものを育む水田づくり勉強会が開催されました。

1 「豊かな生きものを育む水田づくりから地域が元気になる仕組みへ
  講師 本多 清氏((株)アミタ持続可能研究所 主任研究員)   
  •  わたしたちの周りで共生する生物多様性の重要を説き、「たかしま生きもの田んぼ」プロジェクトの紹介で農法の特徴として無農薬栽培への取り組みと生きものとの共生策を話していただきました。取り組みの成果として、米の拡販や人とのつながりができ、田園自然再生活動コンクールとフードアクション・ニッポン・アワードで賞を受けました。最後に、魚道の実際として、今までの改良版を紹介いただきました。
amita:honda
2 「身の回りの資源を活かして魅力あふれる農村づくりを!
  講師 中村 貴子氏(京都府立大学 講師)
  •   地域活性につながる行動として、農産物の生産と販売を考えた場合、特に販売をどうするかは重要な要素です。いわゆる地域を活性するコミュニティビジネスへの展開では人材とノウハウをうまく活用することが、魅力あふれる地域づくりにすることができる。
  •  具体論として、直売所や市と消費者とを結び付けるには、マーケティング感覚も必要になってきます。起業意識の高い地域のリーダーの出現と、リーダーの地域外住民を受け入れる意識の改革が必要であり、その上で、自治会とは異なる機能的集団として有志でつくる組織体制にするべきだと話していただきました。
kousi:nakamura
3 各協議会の活動事例の発表
 (1)須原「せせらぎの郷」代表さん
  •  平成20年度から魚のゆりかご水田プロジェクトに参画し、徐々に魚のゆりかご水田米の認知度が上がり、ファンが増え始めている。魚のゆりかご水田オーナー制を創設し、田植えと稲刈りの体験、生き物観察会等の地域の活性のために奮闘しています。街中の住民とのつながりができてきて、米の直接販売の手掛かりも得ました。現在、ゆりかご水田米の拡販に東奔西走して、NPOなどの団体とジョイントしてイベントを開催しています。
suhara:hori  
 (2)栗見出在家「魚のゆりかご水田協議会」代表田井中さん
  •  魚のゆりかご水田米の取り組みへのきっかけは、環境こだわり農業にも取組める、お米のブランド化をしてみたい、という思惑が、滋賀県が推進する魚のゆりかご水田プロジェクトにヒットして、琵琶湖のそばという地の利も手伝って、チャレンジしました。住民ぐるみで取り組んできたが、最近このしくみがくずれてきて、何とか、ゆりかご水田プロジェクトを末永くやっていけるように維持向上したいと話しています。
kurimishinden:tainaka 
 (3)田附「美土里の里田附」代表因幡さん
  •  個人的に生きものへの取組みが好きで、魚道にも協議会とは個別に取組んでいます。魚の遡上、キンランへの卵の産み付け、フナの稚魚の大群等を写真に収め、住民に広報しています。子供たちとの生きもの観察会や田植え、稲刈り等の農の体験も企画して次世代への布石としています。
taduke:inaba
 (4)高島知内「知内区農地・みずべ環境保全向上協議会」鳥居さん
  •  平成19年度から堰上げ方式と一筆型魚道双方を取組んでいます。水路の堰上げでは畦畔が崩れ、役員が重機をレンタルして修復作業している。戸数110戸の内農家はわずかに十数個になり、活動は職を離れた5,6人が中心となり、一致団結して活動にしています。
chinai:toorii
[ 2013/03/12 08:29 ] 報告 | TB(0) | CM(0)

応募レシピの審査その2

 2月8日に魚のゆりかご水田米を使ったレシピの審査のお伝え事項です。
 入選された9人の皆さん、改めて、おめでとうございます。
 入選者の表彰式が3月21日(木)に開催されます。当日、賞状と副賞が贈呈されます。
表彰式の内容を案内します。(入賞者には郵便でお知らせします)
  『地域を元気にする”食と農”フォーラム』
  ~魚のゆりかご水田米 レシピ発表会~
日時:2013年3月21日(木)14:00~16:45
場所:滋賀県庁東館7F会議室
 (大津市京町4丁目)
表彰式の後、基調講演と魚のゆりかご水田の取り組みについて報告があります。
 基調講演:食のまちづくり「おいしい地域力」
         環境ジャーナリスト 佐藤 由美氏
参加者:食に関心のある人、農に関心のある人、食育に関心のある人、地域づくりに関心のある人、定員100名、レシピに応募された人もどうぞご遠慮なく参加して下さい。
魚のゆりかご水田米の田植え 
魚のゆりかご水田米田植え(栗見出在家地先で)
子供がお父さんの田植えを見守り、おじいさんが孫を世話します。
[ 2013/02/15 10:47 ] 報告 | TB(0) | CM(0)

魚のゆりかご水田米レシピコンテスト審査結果

 この度の標記のコンテストに多数の応募を頂き有難うございました。総数57レシピ、東は東京、西は遠く熊本から31作品が県外からの応募でした。米が主題のレシピは考えづらいものですが、応募されたレシピはさすが良く工夫されていました。
 審査は3次審査まであり、1次審査で57作品から9作品に絞り、同時に2次審査では9作品から佳作以外の4作品を選出しました。1次、2次共に書類で審査しています。住所、名前はすべて伏せています。食材が入手し易いかどうかの流通具合もすべて調査済みです。
 3次審査は2月8日に県の施設で開催されました。実際に4作品を調理、試食して味、風味を競いました。下準備、調理ではプロの先生が指導しています。3次審査においても名前、住所、調理者は一切公開せず公平な審査を心がけました。
 最優秀賞、優秀賞の決定ですが、結果は4作品の内、2作品に投票が集中、7人の審査員が4対3と分かれました。1票差の僅差に思わず審査員も感動して、賞の位付けを最優秀賞、優秀賞(次点:特別賞)、優秀賞(2作品)と変更しました。
審査会場審査の様子

 それでは、結果を公表します。
 最優秀賞
   ◎「米粉の味噌お好み焼き 湖国の恵み
  • 味のポイント:ソースに”とりやさいみそ(米麹の味噌)”を使い和風がきめて。
  • 材料:米粉、秦荘山芋、琵琶湖産スジエビ(歯応え有り)、バームクーヘン豚肉等滋賀の食材が満載
  • 下ごしらえ:スジエビは水気を切って酒煎りしておく。
お好み焼き米粉の味噌お好み焼き 湖国の恵み

 優秀賞(次点:特別賞)
   ◎「ふなコロライスボール
  • 味のポイント:ふなずし、ふなずしの飯(ごはん)、モッツアレラチーズの発酵食品がマイルドさを呼び込む
  • 材料:ごはん、きのこ類、ふなずし、ふなずしの飯、モッツアレラチーズ、たまねぎ、バター少量
  • 作り方:具材のみじん切りをバターで炒め、ごはん、ふなずしを入れて炒め、チーズを加える。ふなずしの飯を加え、これを手のひらに収まるぐらいの大きさに丸め、小麦粉、パン粉、卵をつけて油で揚げる。マヨネーズ、酢、砂糖、牛乳を合わせたソースで食べる。
ふなコロライスボールふなコロライスボール

 優秀賞(2作品)
   ◎「魚のゆりかご水田米に近江茶香るビワマスの押し寿司
  • 味のポイント:茶の香りとビワマスの脂を抑えた淡泊な味、押し寿司の食感もよし
  • 材料:ごはん、万木カブ(添え物)、茶、ビワマス(すべて滋賀県産)、ラッキョウ酢
  • 下ごしらえ:ビワマスは昆布と塩で締めておく。(応募者はビワマスを冷茶で洗い生臭みを消しとありますが昆布と塩で締めて生臭みを消しました。)酢飯にきざんだ茶葉をざっくり混ぜ込む。
ビワマス押し寿司
魚のゆりかご水田米に近江茶香るビワマスの押し寿司

   ◎「湖国の秋のいろどり 手まりすしとおいなりさん
  • 味のポイント:秋のいろどりを、まず目から感じ取り、次に舌で5種類の味を感じる。
  • 材料:米、古代米、すし揚げ、卵、水菜、赤カブ、菊なます(坂本菊)、マイタケ(永源寺)、スモークサーモンをビワマスに変更(応募者に了解を得ています)、柚子
  • 下ごしらえ:米に古代米を混ぜる(米1合に大さじ1)。卵はほぐし、だし汁で弱火でゆっくり「なたね」程度に加熱する。(パラパラになる前のしっとりした状態)水菜は塩分2~3%昆布を敷いて漬け、細かくきざむ。赤カブは薄切りにして、柚子の皮を入れた濃度2~3%の塩に塩押しする。ビワマスは昆布と塩で締めておく。マイタケはあまからく炊く。
手まり寿司湖国の秋のいろどり 手まりすしとおいなりさん

佳作(5作品)
 1 「鮎からおやっとゆりかご米
  • 瀬田しじみ、永源寺こんにゃく、人参を米と炊きあげ、鮎の腹に詰める。
  • 鮎を食べようとすると、腹からごはんが出てくる意外性を狙った。
鮎からおやっとゆりかご米鮎からおやっとゆりかご米

 2 「えび豆まぜご飯
  • えびと豆を一緒に炊いたものをえび豆と言い商品化されています。そのえび豆を片栗粉とまぶして炒め、酢飯に混ぜ合わせると出来上がり。
えび豆まぜご飯えび豆まぜご飯

 3 「チーズを使わないスフレチーズケーキ
  • ふなずしの飯(いい)、米粉、卵、生クリーム、砂糖、ラム酒、白みそ
  • ふなずしの飯は捨てることが多く、有効利用を考えてのアイデアレシピです。審査外でつくって美味しいと評判の調理品です。
スフレチーズケーキ
チーズを使わないスフレチーズケーキ

 4 「人参で炊く魚のゆりかご水田米ご飯鮭ちりめん大葉のおにぎり
  • 多賀人参と米を炊きあげ、煎りゴマ、ちりめんじゃこ、鮭ほぐし身を満遍なく混ぜる。千切りした大葉を混ぜ、おにぎりにする。
  • 人参嫌いの子供にも喜ばれそうです。
人参で炊く魚のゆりかご水田米
人参で炊く魚のゆりかご水田米ご飯鮭ちりめん大葉のおにぎり

 5 「比叡湯葉ともろこの朝宮茶漬け
  • 朝宮茶(信楽)、もろこの佃煮、比叡湯葉
  • 比叡湯葉を小さく割りフライパンでこんがりと揚げ焼きする。ご飯にお茶の粉末を加え、顆粒だし、揚げ焼きの湯葉を散らし、もろこを乗せて、熱いお茶を掛けて出来上がり。
比叡湯葉ともろこの朝宮茶漬け比叡湯葉ともろこの朝宮茶漬け
[ 2013/02/12 17:16 ] 報告 | TB(0) | CM(0)

勝堂町コスモス祭を訪問しました

 東近江市勝堂町は鈴鹿を見渡せる盆地に在り、豊かな稲の実りを約束してくれる農地が拡がっています。コスモス祭も今年で5回目を迎え、定着してきました。2種類のコスモスの種を播種するにはコツが要ります。田に播種するので膨大に芽を出そうとする雑草に打ち勝つことが絶対です。疎ら過ぎない様に、かつ密にならない様に種まきをします。種まき担当者は5年の経験と野菜作りにも精通しているプロです。今年は去年より減反して1.3㌶のコスモス園を完成させました。
 当日は生憎の雨で会場を研修センターに変更しました。子供、現役世代、老人と多くの人が集まりました。コスモスの花を愛でるために、刈り取ったコスモスをテント周りに並べました。コスモスの種類とその成育条件等、及び畑の周りの昆虫などの生きものの勉強会をしました。
 余興では餅つきやうどんのサービスをしました。子供や大人にも大人気で3世代の交流が図れたと思います。
 勝堂町の営農組合は世代交代が進んでいます。若い人が年老いた親に代わって当然の如く農業をします。勿論、兼業です。世代交代しても時間的に農業ができない人は営農組合に頼むか、規模を拡大している個人に依頼していますので遊休地は存在しません。
 若い人が集って楽しく農業をやる。少なくとも私には、高価なトラクターやコンバインを操っている姿は、オモチャ感覚の遊びに高じている様にも映ります。これからも末長く農業をやっていく鍵はこの辺にあるのかも知れません。”楽しくわいわいと”。
コスモス園
 二種類のコスモス、雨で訪れる人は疎ら、天気の良い日は写真撮影の人が訪問します。
広さを誇るコスモス園
 ここまで成長させるには栽培に技術を要します。
協議会代表
 中央が代表の福島さん。準備が大変でした。
餅つき
 恒例の餅つき、子供に大人気です。
[ 2012/11/09 15:17 ] 報告 | TB(0) | CM(0)

第2回豊かな生きものを育む水田づくり研修会

 8月4日(土)第2回豊かな生きものを育む水田づくり研修会が水土里ネット滋賀事務所で開催されました。講演者は前回同様、結・社会デザイン事務所代表 菊池玲奈氏です。
 基調講演の骨子は、
 古来、人は自然の生きものと共生して、稲作、畑作に従事してきた。その共生関係が崩れ、生きものは絶滅の危機に直面し、私たちが口にする食品の安全が脅かされている。
 多種多様な生きものがにぎわう状態は、その土地の「宝物」と位置づけ、これを保全、または創造(復活)していかなければならない。そのことはとりもなおさず食品の供給、水質浄化、美しい自然形成、精神のよりどころ等の「人間の幸福」に通じる。
 それでは、わたしたちは何をすべきか。生産者と消費者、農業者と非農業者等がつながりを持って、情報をやり取りし、例えば減農薬の実践、生きものとの共存方法、癒し・和みの提供(田舎の田んぼ風景(小動物))、安全な食品の提供(安心な食品がほしい)、ブランド米の創出、等々を実践し、生産者、消費者・生きものの「三方よし」の関係を築き上げなければならない。
と説かれます。
菊池氏講演者の菊池氏
講演の様子講演の様子
皆さん、スクリーンに注目して話を聞いておられます。

質疑応答熱心な質疑応答
 今日の有意義な話を聞いて、わたしたちは何ができるか、独り独りで考え、みんなで行動を起こせればよいかと思います。
[ 2012/08/06 11:55 ] 報告 | TB(0) | CM(0)

第1回豊かな生きものを育む水田づくり研修会が開催されました

7月25日高月において掲記の研修会が開催されました。基調講演は結・社会デザイン事務所代表の
菊池玲奈氏の「水田、里山をめぐるいのち~人と自然の共生を物語の源泉に~」を
テーマに話していただきました。
 生物の多様な存在の実現は「人間の幸福」に通じるというお話は、大変感銘を受けました。
            講演の様子
講演の様子

研修会後の個別相談では相談待ちの人もおられて活況を呈していました。
     魚道を前に熱心な参加者の皆さん
魚道を前に

8月4日に第2回の研修会が開かれます。参加予定の皆様には有意義なお話が聞けます。
期待してください。
現在参加申し込みが多く、一組織の参加人数を調整させて頂いていますので、協力お願いします。
では、次回も報告させていただきます。
[ 2012/07/27 09:56 ] 報告 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。