FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

近江八幡市安土地区への説明会

 旧安土町常楽寺は西の湖の側にあり、魚道設置に一番適した地区です。「常楽寺環境保全会」代表の水音さんは、生きものへの取り組みでは外来魚釣り大会を開催して、ブラックバスを駆除しました。(外来種の駆除)大きさ30~40㎝の釣果に対して景品を出しコンペを競いました。ヒメイワダレソウの植栽を計画したが実行できていません。地域住民のパワー結集がほしいところです。
 一口に水辺の生きものの保護といっても、ピンと来る人、その意義が理解できない人、どうすればよいのか分からない人、と様々です。常楽寺周辺は内湖、水郷、昔ながらの川(川の両岸は最近の改修河川並みだが)が脈々と受け継がれ、農地と水と生きものとの関係には造詣が深い。共生するにはどうするか、次の一歩が待たれます。
常楽寺常楽寺

 「西老蘇環境保全の会」代表松澤さんは、共同活動に熱心な人で、魚の放流や観察会を実施、5年前から畦畔の法面にイワダレソウを植えて、今日まで維持管理しています。今後も、グリーンベルトに取り組むか協議会で検討します。5年間の植栽管理はきれいな景観を見せてくれるのでしょう。
西老蘇西老蘇、子供たちのゴミ拾い

 「慈恩寺環境保全の会」は向上活動の存在を知りませんでした。向上活動に取り組んで共同活動とは別の支援金で取り組み作業の幅を広げて下さい。グリーンベルトに取り組むことを明言しました。
慈恩寺慈恩寺

 「上豊CBE倶楽部」の用水路では魚釣り客が多く訪れます。そのために、サービスではないのだが、水中の藻の草刈りも実施しています。最近はフナ、ナマズが上がってこなくなり、ハイジャコ類が多いようです。是非とも、生きものの調査を実行して頂きたい。代表の静さんは、草花の植栽にもチャレンジして、芝の種子と糊を混ぜたものを畦畔の法面に吹き付けたが、発芽が良くなかって苦労したと話しました。グリーンベルトに取り組めるが、このことに懲りて申請を躊躇しています。草花の種類と栽培の方法を変更されて、再挑戦してみては如何でしょうか。
上豊浦上豊浦

 「東老蘇エコ村保存会」代表の井上さんは、生きものへの取り組み意識が高い分、向上活動に高い関心を寄せます。フナの放流を通して在来種の生きものを育成します。子供と、老人会も参加して生きもの観察会を実施して、生きものとの共生を啓蒙します。ドジョウ、ドンコ、アブラボテ、メダカなどが確認できました。(放流したはずのフナの他、ナマズ、コイは確認できず)東老蘇は70戸の集落で営農組合が組織化され、半数が組合に耕作を委託している。代替わりは順当とまではいかないが、農業に従事してくれる次世代はいるので行く末は暗くはないようです。
東老蘇東老蘇
スポンサーサイト

近江八幡市各協議会への説明会その2

 「豊かな町を作ろう会」(益田地区)代表の小川さんは魚道に取り組んでみたいと意欲を示します。下地としては5年前から生きもの観察会を実施してナマズを確認しています。冬期は川の水流は細るので深みも有効です。是非ご一考をお願いします。ツツジを300㍍植えているので、まとまりのあるパワーが結集できる地域と推測できます。これもひとえに役員と住民との緊密な連携のたまものと考えます。
益田益田地区

 「湧水の里あさごい保全協議会」は西ノ湖周辺に位置し、水辺の生きものには事欠かないと思っていたら、最近の生きもの調査ではメダカぐらいしかいなかった、以前はモロコ、ボテ、フナ、コイ、ナマズがたくさん見られて、子供の格好の遊びでしたと、代表の篠原さんは懐かしそうに話します。景観形成ではコスモスを植栽して、子供会、老人会を交えた三世代交流のイベントを開催しています。昔の魚を復活したいとの願いを込めて、生きものの生息環境向上施策を組織内で検討することになりました。
浅小井浅小井地区

 「おさだ蛍の里」は、名称の冠通りホタルの保護に努めています。毎年のホタル鑑賞会には子供を交えて盛大に開催されます。地域内を流れる川にボタルブロックを設置したが、近くを流れる蛇砂川の改修で水の流れが止まり、費用が掛かったホタルブロックは無駄になった、と代表の西谷さんは嘆きます。水のない川でホタルをどう保護するか。細い排水路を含めて、細やかな管理が必要になってきます。
長田長田地区

 「千僧供まるごと環境保全会」では、毎年、先生に教えを請うて生きもの観察会を開催しています。子供会、幼稚園児、まちづくり委員会が参加して父母を含めた、交流を図っています。コスモスを植栽して地域内のイベントを盛り上げています。地区内を流れる大川には魚が生息していて、魚道の設置に興味を持ちました。琵琶湖辺より上流の中間地での魚道設置は、余り取組みがないため、もし実施すると良い事例になると思われます。
千僧供千僧供

 丘陵地帯の「浄土寺いきいき倶楽部」では小さい集落ながら特色ある活動をしています。代表の川部さんはホタルの保護に力を入れています。お話をお聞きしていると、日本ホタルの会に所属して正当な保護に取り組んでいます。下水道を完備したら、魚やホタルが増えたと言います。数えると500匹生息していたということです。”正当な”という意味は、無闇に数を増やすのではなく、地域に生息するホタルの純粋種を守りつつ自然に増殖するのを待つということです。川の生きものはカワムツ、ドブガイ、ヤマトシジミなどで、川を5㍍置きに堰上げ、水かさを増やして、生きものの生息環境を作っています。
 集落軒数は22戸で、子供が居ない空洞化現象が発生しています。今後の農業の担い手をどうするかが大きな課題としてのしかかってきます。
浄土寺浄土寺地区

 「東川里づくりの会」は日野川の制限で取水できなくなり、地域内の川は、冬期は全く水のない状態になり、生きものの生息環境向上策ができません。生きものへの関心が高いので、生きもの調査は続けています。代表の平尾さんは、2年間で300㍍進んだグリーンベルトを今後も取組んでいこうと考えています。
東川東川地区

 「水土里の里中小森」は住宅開発が押し寄せ、代表の宮田さんは次世代の継ぎ手がいないと嘆息します。それでも、水深のない川にカワニナが多数、生息している環境なのでホタルの観察会を開催しています。向上活動への取り組みは、労役を頼みづらいところがあり前へ進めません。
中小森中小森地区

 「岩倉町農地・水・環境保全委員会」では種代に30万掛けて、菜種のきれいな光景を見せています。春先の菜の花はさぞや浮き浮きした気分にさせてくれるでしょう。
岩倉馬淵(岩倉)地区

 「牧町農地水環境委員会」の代表浜田さんは取り組みに意欲を示される熱心な方です。琵琶湖岸で内湖の名残もあって水辺環境は豊富です。山もあり炭焼きには充分な竹、樹木が提供されます。色々と声を掛けて賛同者を募っています。琵琶湖へ流れる水は汚さないこと、魚が遡上しやすい環境にあり、昔から生きものと共に暮らしてきたことが、向上活動へ取り組む使命感を抱かせるものがあるのでしょうか。水土里ネットへ相談に来られた時に竹炭による水の浄化、ビオトープ、魚道の設置を熱く語って頂きました。面積が広い(134㌶)地域ですので、英知を結集して、無理のない活動をお願いしたいと思います。
牧町牧町地区

近江八幡市各協議会への説明会その1

 肥沃な農地が拡がる琵琶湖の南部に位置する近江八幡は干拓で農地造成をしてきた地域です。湿田から乾田化へ圃場整備事業で機械の導入を図ってきました。
 150㌶の広い耕作面積を持つ「加茂町水土里の郷づくり会」(代表川口さん)は5年前から生きもの保護に取り組んできた経緯があります。水田魚道(一筆型)を設置して魚の産卵を確認したり、生きもの観察会を実施してきました。景観形成への造詣も深く、コスモス畑を企画しています。役員と地域住民の長く続く、理解ある活動の結晶です。これらの活動は共同活動の中で実行していて、取り組み意欲には敬服するものがあります。
加茂加茂

 毎年、役員が交代する「南津田環境保全協議会」代表万野さんは計画時と実施時期とでは、役員が交代しているので企画しづらいと嘆きます。作業に手間の掛かる取り組み項目を選択した場合、新役員へ引継ぎするのを躊躇するとのことです。引き継いだ年も旧役員が労役に参加して、協力体制を執ればどうでしょうか。景観形成で230㍍の芝桜を植栽したが、翌年からの維持が大変で出役に苦労しています。雑草取り作業に婦人会(非農家も参加)に依頼するが、役員が足場の確保等前準備に時間を掛けています。
 その他に、生きもの観察会や菜種刈り(景観形成)、魚道設置など多彩に活動しています。75㌶の耕作面積を有し、広さに相応して取り組み意義が倍増しますので、役員が毎年交替してでも、これからも継続していくことが大切だと考えています。
南津田南津田

 「古川郷環境こだわり会」代表の南さんはお年は召されているが、元気に活動されています。ホタルの保護に重点的に取り組み、今では多数の出現を見るまでになりました。水路の泥上げ時にカワニナを地道に戻し、蛹の生息する泥土を無闇に取ったり、踏み荒らさないように心掛けてきた成果です。魚の生息する水路があり、ゴリ、オイカワ、ハヤ、フナ等が確認されています。更なる生きものにやさしい取り組みが実現するために住民の協力を仰ぎたいと思います。
古川古川

 「チーム多賀なたねの郷」は現存する内湖西ノ湖の近く(1㎞位)に位置する、水の豊富な場所です。代表の石井さんは何度か向上活動の協議をしてきた熱心な人です。来年度から魚道設置に取り組む予定です。
多賀多賀

 「白王町鳰(にお)の会」は山を挟んで西ノ湖と琵琶湖側に農地を有する、昔から琵琶湖の生きものとは切っても切れない関係にあります。代表の東さんは、以前から田にフナを放流し、他の田んぼには魚道も設置して、琵琶湖から上がる魚を育成してきました。(共同活動での取り組み)春先の菜の花に季節を感じ、人々の目に冬を越した愉しい気分を覚える菜種の植栽にも力を入れています。来年はコスモスの予定だと言ってました。
白王白王

 「箱庭の里 奥嶋の集い」(島町)は三方が山に囲まれ、南側に農地が開け、人家が点在している様が箱庭のように見えることから名が付いたものと想像します。平成20年から魚道に取り組んでいるパイオニア的存在です。小学校の子供たちも田の周りの生きものに関心が高く、広くまるごと保全活動の主旨が行き渡っています。代表の福居さんは、講師を招いて、生きものがにぎわう水田づくりの説明会を開催しています。ビオトープを造る計画もあり、生きものとの共生への取り組みは賞賛に値します。

 湖岸道路と長命寺川が分断する「北津田むべの郷保全会」の代表北脇さんは、濁水防止の効果は田植え時期の代掻きで泥の流出に気を配れば、かなり、水質浄化に寄与するだろうと言います。日頃のこまめな関心が環境にやさしい取り組みにつながるのですね。周りには魚が多く生息するので、魚道設置に興味を持ち、会の中で検討するということです。ホタルの観察会も実施して子供たちと大人の交流を図っています。今度は魚を通して、交流会が開ければ違った楽しさがあるでしょう。
北津田北津田

近江八幡市竹町の取り組み

 近江八幡市竹町を訪問しました。竹町は日野川に面した琵琶湖から7㎞内陸に位置する平野部に田畑が開けています。
 竹町は以前から水路魚道に取り組み、魚の生態観察などを実施しました。水を堰上げた豊富な水量の水路内で魚の産卵も確認しています。(いわゆる、ゆりかご水路)フナ、ドジョウが主な生きものです。
 竹町の活動組織「竹町のしぜんを守る会」代表舩橋さん以下2名の役員の方は、困難な課題に直面されていて今後の行く末を明るく見通すために奮闘されています。
 困難な課題とは、
 その1、農業後継者難、その2、農地の耕作管理、その3,農地回りの維持管理

 その1の課題が存在する限り、その2,その3の問題は必然的について回ります。
 その2の解決では、農業専業者または農業法人に耕作を依頼する。あるいは地域の営農組合が力をあわせて共同で取り組む。しかし、地域の担い手がいないのでこれは無理ですね。実際、竹町では外部の法人に耕作を委託されています。
 その3の解決は地域内の住民がまるごと保全の活動組織で取り組むしかありません。そのためのまるごと保全の組織です。
 竹町では畦畔や道路の法面に「菜種」、「ひまわり」、「ヒメイワダレソウ」を植栽しています。地域住民が出役、播種から雑草管理、花の育成を見守っています。非常に頑張っておられます。非農家の参画、子供たちの参画を更に押し進める必要があります。
 高齢化で組織の活動が制約されるなら、非農家の若い人に積極にお願いしたいものです。まるごと保全の組織結成の意義はそこにあるのですから。
 ゆりかご水路を実践された先進地ですので、注目されています。課題克服と生きものに優しい生息環境の維持向上を役員の方々の強力なリーダシップの下、推進して下さい。
竹町説明会真剣な討議が続きます。

近江八幡市御所内町の取り組み

 鈴鹿を源流とする蛇砂川はこの御所内を通って約4㎞の流れで西の湖へ注ぐ。この川には魚を始め生きものは豊富に生息する。しかし地区内を流れる用排水路にはそれほど生きものは見当たらないという。子供たちと生きもの観察会を実施するが小さな魚で数も少ないという。
 生きものを育む水田づくりの説明会には森代表以下4名の役員にご参集頂きました。今年度から全員交代した新任の人たちですが、取り組みの意欲が高く、議論が尽きません。
 あばれ川の蛇砂川は改修により川底が深く掘り下げられ、田の排水路から大きな落差ができています。大人が川底に降りると上がるのが困難なくらいの高低差があります。この川から階段式の魚道を設置することが可能か。取り付け可能な場所があるか調査して頂きたい。
 と言いますのは、湖辺域から離れた、中間地の比較的水のある地域で、魚の呼び込みができないか候補地を探しています。琵琶湖からの距離を見ても、遡上した魚と地域に棲む魚のゆりかご水田づくりが望めるからです。期待の魚はナマズとドジョウです。
 いずれにしても、蛇砂川に魚道が掛けられることが条件になりそうです。
 その他にグリーンベルトの設置を候補に上げています。芝桜を植えている人がいて、イメージができています。用排水路の法面の土壌流出防止と景観も形成しますので、畦畔が崩れやすい所とか、地域内のここはキレイにしたい、イメージアップの部分を選ぶこともできます。
 水路の水質浄化も俎上に載りました。生活排水も混じっているとのことで実効が生じたら良いですね。
 御所内周辺は度重なる、蛇砂川の改修と道路の拡幅工事などにより生きものが消えてしまった感があります(飽くまで感想です)。生きものを今以上に呼び込んで、子供たちの歓声が聞こえてきそうな盛大な生きもの観察会を実施して下さい。その時は魚の先生を派遣させて頂きます。

御所内の役員の皆さん話がはずむ御所内の役員の皆さん

東近江市大森町の取り組み

 大森町は布引山地の北側に開けた土地で、鈴鹿へ緩やかに伸びる中規模の農地が開けています。他の協議会の農地が隣接していて、あたりはかなり大きな農地を有しています。近くに工場が迫っていますが農地は未だ守られています。
 『布引の郷大森町「自然との共生」を守る会』代表の廣田さんと役員の山田さんにお会いしました。遊休地の作付けに奔走したりと地元の農業活性に熱心に取り組んでおられます。今年から代表を受けられ、これから始動に馬力が掛かるところです。
 当地の用水は愛知川から引水して、地区内は稲作以外の時は水がほぼ無い状態です。ため池は非常時の代替供給用でほとんど使っていない。近年、溜まる水が少なく、回りの森の保水力が弱くなっています。
 旧在所の川のみ年間を通して少量でも水が流れています。毎年、子供たちを交えて生きもの観察会を開催されています。タナゴ、ドジョウ、ホタルが生息しています。
 取り組みの方向性は
  1. 生きもの生息環境向上策の深みの設置、水路魚道を設置して水路の水嵩を増やして地域内の魚を呼び込む。
  2. 水質保全項目の木炭を沈めて水を浄化する。
  3. 土壌流出防止の農道、畦畔の法面に地披植物を植える。
  4. 冬期にため池から引水して、湛水状態にして野鳥の餌場と渇水期の地下水涵養とする。
 の4点をご提案させて頂きます。
 本主旨の豊かな生きものを育む水田づくりをご理解頂き、守る会皆さんの合意の下、推進して頂けますようお願いします。
大森町の役員取り組みの方向性を検討されるお二方

伊庭町環境保全の会の計画が採択されました

 伊庭の取り組みが採択されました
 旧能登川町の伊庭の「世代をつなぐ農村まるごと保全向上活動」を実行されている「伊庭町環境保全の会」の計画が認められ交付金交付を申請されました。
 取り組み項目は
    1.水質浄化-水路に木炭の設置
    2.生物多様性の回復-水田魚道の設置、翌年度は水路魚道の設置
 伊庭町環境保全の会の役員の方々が、これまで色々と視察を重ねられました。これから準備の作業がありますが頑張ってください。これで一つの区切りがつきました。
 伊庭町は水の豊富な町です。伊庭内湖に接していて、町内に張り巡らされた水路が注いでいます。内湖は野鳥の聖地でカヌー乗りで遊ぶこともできます。
 水路にはコイが泳いでいて人々の生きものに対する優しさが感じられます。
コイが群れる水路泳ぐコイと川に降りられる「カワト」という階段(左下)

生活に密接した水路水の景色が生活の風景の一部として溶け込んでいます

 「舟」という漢字がふさわしい「田舟」で内湖で獲れた魚やエビなどと、農事用に農産物や肥料などを運搬していました。その昔、昔は琵琶湖の水運用に物資を各家や陸上の中継地として賑わっていたと言うことです。
運搬用の舟
 一度、足を運ばれて癒しを求められるのも楽しいかなと存じます。

下豊浦の取り組み

 「豊かな生きものを育む滋賀の農村づくり」のテーマの下、まるごと保全対策に取り組んでおられる近江八幡市安土町下豊浦地区で24年度から開始のまるごと保全向上対策事業の説明会に行ってきました。
 取り組まれる項目は
   1.循環かんがい施設の保全(ポンプの整備等)
   2.木炭による水路の浄化
   3.魚道設置による魚類の田んぼへの誘導(魚のゆりかご水田の実現)、ワンドの整備
 本日の協議の中では、
  2.の実施において、水路の幅員が過日視察した尼子地区の川幅の半分以下(約2.0㍍??)で水深が深い。水深から見てどれだけ炭が必要なのか分からないのと、炭の固定による水の溢れが心配で今回は見送るという決定をされました。(メンバーの半数の人が6/28に尼子地区を視察されています。)
下豊浦12062901

 これから実施に向けて、申請の手続きを進められる予定です。
本日の熱い討議お疲れさまでした。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。